カーdoろーん選びの得する比較表dr.ws

カードローンには枠があり、その枠の中で自由に借り入れできます。カードローン選びの得する比較表を有効活用できれば人生が豊かになるのは間違いありません。

戦争法案というレッテル張りの矛盾

夢乃, · カテゴリー: 未分類

安保法案を「戦争法案」と言い換えだしたのは、とある共産党議員だったと記憶しています。
その後他の野党や各マスコミが、このレッテル張りを乱用し出したのは記憶に新しいと思います。
さて、なぜ安保法案を戦争法案と言うのか、その理由を見てみましょう。
彼らが言うには、集団的自衛権によって、自衛隊の活動領域が広がり、それによって他国の戦争に巻き込まれるリスクがあるから、ということらしいです。
なるほど、確かに一理あるように見受けられます。
しかし、集団的自衛権が敵国に対する抑止力となる事実については一切触れていません。
自民党は抑止力によって戦争を未然に防ぐためと何度も説明していますが、この点について野党がまともな反論をしているのを見たことがありません。
また、集団的自衛を認めないという意見も全くの意味不明です。
違憲かどうかを判断するのは最高裁判所であり、立法府である議会は全く関係ありません。
これは三権分立ですから、中学生以上であれば誰でも知っているはずなのですが、マスコミは一切このことに触れません。
また野党が呼んでいる違憲派の学者も昔は合憲派だったこともあり、まるで信用性がないという印象です。
それどころか、民主党の岡田代表、及び枝野幹事長は、過去に新聞の社説等で集団的自衛権は必要だと力説していました。
もちろん合憲であるとも。
それが今では手のひらを返し、同じように手のひらを返した学者を呼び、反対に回っているのですから驚きです。
この事実について民主党の岡田代表は「都合のいいように一部分を切り取っただけだ」と反論しましたが、具体的な反論は何一つ出来ていません。
全体を見ても一部分を見ても、確実に集団的自衛権に賛成し、合憲だと言っていたという事実は消すことができないのです。
このような状態な上に、議論を妨害するか審議拒否をしているだけで、建設的な議論をしてこなかった野党の反対意見など全く受け入れられません。
野党から少しでもまともな意見が出れば、全く違った印象になったと思いますが、主張がブレまくりの民主党、レッテル張りだけの社民や共産党を見るに自民党の政権は今後も安定しそうです。銀行カードローンの審査に通るには?3つの審査基準!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*