健康でいたいならアルコールは抑えよう

この記事は、
・健康づくりを頑張りたい人
・アルコールで困ったことのある人
・運動を頑張りたい人
におすすめできる記事です。
皆さん、こんにちは、
今回の記事では、アルコールの健康づくりへの妨げについて紹介します。
アルコールを飲み過ぎることについて、悩んだことはありませんか?
実は、アルコールを飲み過ぎるとあなたの健康はかなり削がれてしまっているのです。
しかも、アルコールの飲み過ぎは筋肉を分解するものなので、スポーツ選手にはもちろんのこと健康でいたいと考えている人にとっては良くないものです。
あなたも一度アルコールの恐ろしさについて知ってみませんか?
アルコールが身体に良くない理由
アルコールを飲み過ぎると身体に多くの異常をきたしてしまいます。
そう言えるのには下記のような理由があるからです。
もちろん断っておきますが、程々であれば問題はありません。
問題なのは飲み過ぎてしまうことです。
許容範囲は人それぞれなのでなんとも言い難いのですが、自分の許容量以上飲むと体には良くないことが起こります。
限度を超えた飲酒は、筋肉の分解や合成を妨げます。
そして、食欲を増進させてしまいます。
食欲増進は悪いことではありませんが、食べ過ぎになってしまう可能性が高いです。
皆さんは、飲み会の後食べすぎたなというけいけんはありませんか?
きっと、お酒の食欲増進効果が効いています。
また、運動をすると筋繊維が壊れて、再合成することで強くなることで筋力が鍛えられます。
しかし、飲酒をすると筋肉合成が妨げてしまいます。
そのため、運動した日はお酒を控えたほうがいいといわれています。
また、アルコールは睡眠の質も下げてしまうため、体に良くないことばかりです。
つまり、アルコールは適量であれば何も問題ないということはできますが、飲みすぎてしまったら健康を害す結果となってしまうというのも過言ではありません。
まとめです。
アルコールを飲みたいならほどほどにすべき
いかがでしたか?
アルコールの危険性についてわかってもらえれば、あなたの健康づくりの効率は一気に高まるはずです。私は飲むなとは言っていません。適量をお勧めしているのです。
まずは焦らずアルコールを飲み過ぎないことからやってみるとあなたのためになるはずです。
また、スポケンというサイトはスポーツにおいて素晴らしい知識をくれます。一読の価値ありです。
是非一度アルコールを控えてみることを試してみて下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です