自律神経が乱れると高血圧に!規則正しい睡眠と栄養バランスの食事

自律神経が乱れるような生活を続けていると高血圧になりやすいといわれています。
・規則正しい気性と睡眠
・三食栄養バランスを考えた食事
な普段の生活はとても大事です。

■自律神経は生命を司令塔
私たちの身体は
・血液の循環
・呼吸
・消化
・発汗
・血圧
・血糖値
・体温調整
などなどいろいろなことを無意識に行っています。
「少し寒ければ体温をあげよう」
「少し暑いから汗を出して体温を下げよう」
これは自分で意識的にできることではありません。
人間はこれを無意識のうちに行っているのです。
その仕組みは自律神経といわれています。
この自律神経が乱れると体の各部に不調が現れてきます。・
一般に自律神経失調症と呼ばれていて、その症状もさまざまです。
この自律神経失調症の大きな原因とい合われているのが「不規則な生活リズム」なのです。

■太陽とともに生きることの重要性
古来から人間は日の出と共も起きて、日の入りと共に眠りについていました。
しかし、文明が発達しこのリズムが大きく変わってしまったのです。

人間も含め動物には体内時計がしっかりと働いています・。
これは時計遺伝子ともいわれもはやDNAレベルなのです。
この体内時計は概日リズムともいわれ、太陽の動きを基準にした時間の流れに体調を合わせていく感覚のことです。
人間の概日リズムは視床下部の視交叉上核いう中枢にあります。
つまり目の裏側にあるのです。
私たちが太陽の明るさで生活リズムをとらえていることがこれでよくわかります。

■不摂生な生活がいつか自律神経を狂わせる
太陽の動きを無視した生活を長らく送っていおると、徐々に自律神経が狂ってきます。
それがいつか自律神経失調症の引き金になります。
自ら積極的にそのずれを修正していかなければならないのです。
自律神経が乱れると高血圧にもなりやすいといわれています。
昼夜のリズムが壊れやすいシフトのお仕事をされている方は特に気を付けてください。
また
・無用な夜更かし徹夜
・休日に昼過ぎまで寝る
そんな生活パターンは慎んでください。
概日リズムがよくわかるのは海外旅行での時差ボケです。
体内時計が狂った状態の時差ボケは「体がだるい」「ボーっとする」「妙に神経が昂る」などの症状は皆さんご経験があると思います・
海外出張の多い人に心血管の病気が発症する確率も高いというデータもあるくらいです。

太陽の動きに合わせた生活パターンを規則正しくおくる
これが自律神経を乱さない大事なポイントです。
相続 税理士 頼まない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です