健康意識の高いあなたの寿司ネタはアジ・イカ・ブリ・ヒラメ

健康に良いとされているお寿司氏でが、その寿司ネタによっても高カロリーなものがあります。

基本的にお寿司は油などで調理しないヘルシー食品ですy。
しかし、選び方を間違えると子炭水化物(糖質)高脂肪の太るいメニューになることもあります。

お寿司はご飯の炭水化物の割合が高く全体の60%~70%はこの炭水化物の塊のご飯です。
ですからこのご飯を多く使った物を食べすぎれば太るものになります。
これには
・ちらし寿司
・海鮮丼
・巻き寿司
・押し寿司
・いなり寿司
などはご飯の割合が高く高カロリー食となります。

ではつぎに高脂肪食になってしまうお寿司は
・ツナマヨ
・カニカマ
などマヨネーズを使ったお寿司です。
マヨネーズの96%は脂肪ですからね。

太らないお寿司の選びからは
・ご飯の量が少ない
・ネタがマヨネーズ味ではない
ものです。
つまり、昔からの握り寿司が一番ヘルシーなのです。
にぎり寿司はご飯の量も少なく、炭水化物の量を少なくできます。
にぎり寿司のネタは魚介類に限ります。
刺身の魚は良質なたんぱく質が多く、脂肪は少ないのです。
しかも魚介類にはご飯に含まれる糖質の代謝を促すアミノ酸(リジン)も豊富です。
魚介る地うをご飯を一緒に食べることは。このリジンというアミノ酸によって糖質エネルギーが消費されます。すると余分なカロリーとして残りにくくなるのです。
特に
・タイ
・ブリ
・ヒラメ
・アジ
を食べるとダイエット効果が高まります。
これらの坂には単数化物を消費させるために必要なビタミンB1が豊富だからです。

にぎり寿司が低脂肪、低カロリー、高たんぱく質の理想的なダイエット食として海外でも人気に火が付いています。
お寿司のダイエット効果に貢献しているのは
一貫筒食べる
という動作も関係しています。
小さい物を何回にも分けて食べるのはダイエットにも効果があるのです。
食べる動作が増えるということは脳へ満腹信号を早く送ることが出来ます。
必然的に食べる量も少なくできるのです。
ただし、皆さんがよくいく回転すしでは次から次へと流れてくるお寿司についつい食欲を無駄に刺激されてしまっていませんか?
そんな場合はまずゆっくりとお茶を一杯飲むくらいの余裕が欲しいものです。
食膳に水分を摂ると食欲を促すホルモンの分泌が抑えられて無駄なh足浴が抑えられます。
女性なら6から8皿
男性なら8~10皿
それが太らないお寿司の量です。
いくらお寿司が太らないダイエット食品といっても10皿以上を軽くペロリではダイエットとはもう言えません。
吹き抜け テレビ 聞こえにくい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です