例の新型流行り風邪の対策の換気の仕方

またまた感染者数を各地で更新している例の新型流行り風邪
怖いですよね。
そこで、厚労省が提案している感染防止対策として「換気」を提唱しています。
この換気の仕方は
「30分に1回以上、数分間の窓を全開」
「複数の窓がある場合、二方向の壁の窓を開放」
というものです。
アメリカの疾病対策センターも
「10分以内に1回、部屋御空気全体を入れ替える換気」
を推奨しています。

しかし、これからどんどん寒くなってくる時期です。
すでに雪も降りだした北海道では感染者数やクラスターもたくさん起こりだしてロックダウンもささやかれています。

そんな状況で功労所の換気の仕方とは異なる換気の仕方を推奨している専門家も出てきました。
その代わり全開ではなく、20CMから30CMでいいのです。
「30分に1回などといった断続的な喚起ではなく、私は常時、空気の入り口と出口となる窓を二か所開けておくことを勧めています。
理想は部屋御対角線上2か所ですが、難しければそこにこだわらない。
風を肌で感じるほど強くなくていいので、ゆっくりと一方向に空気が出ていく感じで大丈夫。
もし風の流れが悪い場合は、扇風機やサーキュレーターで押し出してあげるといい」
雪や雨のときは
「窓の開け具合を絞り、その分扇風機などで室内の空気のより強く押し出しましょう」
以上「愛知県立大学 清水宣明教授」の換気のアドバイス

最新の住宅には室内の空気を正確的に喚起できる「24時間換気システム」が設置されていあmす。
これは2003年の建築基準法の改正で原則すべての住宅に義務付けられています。
ですから、最近の住宅に住まれている方であればその換気システムを「強」にしているとよいそうです。
なお、改正以前の建物ならばトイレや風呂場の換気扇を回しておくことでも代用できるようです。

それでも、意識的に換気に努めておく必要があります。
これからの時期はその換気のために起こるヒートショックも気をつけましょう。
換気をすることで寒いこれからの時期は急激に室温が下がってしまいます。
高齢者の方は特に気をつけましょう。
ヒートショックとは冬場にトイレやお風呂場など急激な温度差がある場所で起こるショック反応です。

これには換気前に呼応礼者の方にひざ掛けや電気毛布などでからどぉ温めておいておく。
あるいは小型の電気ストーブを置いておくのも良いとされています。

部屋の温度の目安は20度くらい
窓を開けて換気した時に17度から18度くらいになり少し寒いと感じたら窓を閉める。
そのために今年の冬は去年よりも厚着で部屋の中でも過ごす方がよいようです。

実務者研修 働きながら どこがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です