メタボと肥満の違い

食生活の改善が必要かどうかは、その人の体型 bつまり太っているか?いなか?でまず判断できます。
この中で一番食生活の改善が必要なのは
おデブさんではなくぽっちゃり型の体型の方なのです。
ぽっきりとお腹も出た内臓脂肪型肥満、いわゆるリンゴ型肥満といわれている肥満です。
このリンゴ型肥満腹膜も一部である腸間膜にに脂肪が溜まっている状態です。
このリンゴ型肥満は比較的男性に多いとされています。

肥満にはこのリンゴ型以外に皮下脂肪型肥満、いわゆる洋ナシ型肥満があります。

ではどうしてリンゴ型肥満に気を付けなくてはいけないのか?
それはお腹についた脂肪からは、糖代謝に必要なインスリンの働きを阻害する物質が出ることがわかってきたのです。
さらにこのインスリンの働きを妨害されると脂質代謝も悪くなるのです。
つまりリンゴ型肥満になると血糖値の上昇と脂肪がお腹につきやすくなるということなんです。

■ 健康診断でメタボだと診断されたら
年に一度の健康診断で「メタボ体型」と注意されたらどうしますか?
日本肥満学会はメタボに関して次のような定義をしています。
・おへそまわりを測った長さ(腹囲)がm男性の場合85CM以上、女性90cm以上
・さらに高血圧、高血糖、脂質異常のうち2つに該当すること

ちまり脂質体質のうえに生活習慣病がかなり危険な状況といえます。
健康診断でメタボと診断されたら、本気で食生活の改善に取り組むべき必要があります。
相続手続き 代行 愛知

まや肥満には別の指標もあります。
BMI(ボディマス指数)という言葉は聞いたことがあると思います。
これは慎重と体重を数式に入れて計算するものです。
BMI = (体重 kg) ÷ (身長m ×身長m)
このBMIが25.0以上だといわゆる「肥満」とされています。

これ以外にも肥満の試用として「標準体重」といわれるものもあります。
標準体重 = (身長m × 身長m)×22.0

BMIも25.0以上
標準体重も大きく超過している
そんな状態であれば間違いなく肥満 メタボの状態です・
すぐに病衣になるとは言えませんが、いつ病気になってもおかしくない状況なのです。
気を付けなくてはいけないのが
意外と外見上太っているようには見えない方でもこのBMI25.0以上 標準体重超過のかたもたくさんいるので気を付けてください。

肥満はメタボの予備軍であり、高血圧・糖尿病など生活習慣病の入り口でもあります。
ただの肥満の段階で改善に取り組めば、深刻な時代にを防ぐことができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です