通勤電車の中でもできるストレッチ

磯あgしいあなたに運動やストレッチなどはなかなかできません。
そこでおすすめしたいのが通勤電車内でするストレッチです。

■つま先立ちは全身運動
「忙しくてなかなか運動するじかんなんて「とれない」
そんなさらいーマンの方におすすめしたいのが通勤時間を利用したこのつま先立ち運動です。

足を肩幅ほど開いて、ゆっくりとつま先立ちをしましょう。
なるべくなら地理皮などは使わずに、つま先立ちをしながらバランスを保つようにした方が効果的です。
つま先立ちをしたら10秒間その姿勢をキープします。
揺れる社内でバランスを取りことは意外ときつい運動なことを実感すると思います。
この電車内でつま先立ちをして109秒間ほどその姿勢をキープすることで
・腹筋
・背筋
・大腿四頭筋
など身体全体の筋肉が使われます。
この通勤時間を利用した電車内でのつま先立ち運動はふくらはぎの筋肉が鍛えられることです。
ふくらはぎは下半身に溜まった血液を心臓に押し上げる、とても大切な役目を担っています。
ふくらはぎを常に鍛えることは】片田全体に良い効果をもたらします。

■つり革を使った筋トレ
つり革を掴み手前に引いてきましょう。
握力
上腕
手首
などに力府が入ります。
じわっと筋肉が緊張した感覚を確認しながら行ってください。

その運動につづいて今度はつり革の握り方を変えて向こう側に押していきます。
つり革を引いている運動の時とは異なった筋肉が使われているのが実感できるはずです。

今度はそのつり革を掴んで下に押し下げていきましょう。

慣れてきたり、若い方なら今度は片足立ちにしてみたりいろいろバリエーションを増やしてみてください。

毎日の通勤時間が貴重な絵癖最ぞの時間に大変身です。
ただ、あまりにも混雑しjているマイン電車では控えてくださいね。
今時の満員電車で変な動きをすると誤解を招く恐れもあります。

できればこれを毎日の習慣にしていけば、それなりの効果も期待できます。
ローマは一日にしてならず
千里の道も一歩から
できることをできるはんいでするのが大事です。

つま先立ちには足のむくみ解消や筋肉を敷き閉める効果があります。
背筋を伸ばし、踵を上げて母指球(足の親指の付け根のふくらみ)で立ち約10秒間そのままの姿勢を続けます。
ただそれだけでOKです。
毎日それを続けることが大事です。
いかがですか?
これくらいなら忙しいあなたでも出来る気がしませんか?
最初はうまくバランスをとることができなくても、徐々にうまくなっていきます。

チャットレディ ランキング お給料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です